スポンサーサイト

                         
  • 2014.04.19 Saturday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

            

今年もありがとうございました。

                         
 
 ゴトゥコラ部も今年で4年目になりました。そして今年も、5月、7月、9月にゴトゥコラ部メンバー
に生のゴトゥコラを送らせていただきました。
 また、8月ごろから入会のメールたくさんいただきましたが、対応できずに本当に申し訳なかったです。
 やはり、ゴトゥコラを自分で育てて見たいというお客様がほとんどで、栽培に関しては、
 春からじゃないと、かなり難しいと思ったので、折角送っても、育てることができないので、
 皆さんに申し訳ないな思いました。

  それにしても、僕がゴトゥコラ部を始めたごろに比べるとかなり、ゴトゥコラの認知度をあがって
 いると思います。ゴトゥコラ茶に、ゴトゥコラの苗の販売、ゴトゥコラの石鹸の商品も出回っています。
 
  高級スーパーで売りたい、ゴトゥコラ使って商品開発したいという商談もいただきましたが
 「生のゴトゥコラ、食べ物としてのゴトゥコラ」という、ゴトゥコラ部のコンセプトを大切
 していますので、対応できなかったことが事実です。
 
 その中でも、ゴトゥコラの縁でお会いできた、インド料理研究家、香取薫先生の、日本初となる、
 スリランカ料理本に関わることができたこと、ゴトゥコラ部をやって、本当によかったと思う
 瞬間でした。

 先生のブログ
 http://blog.livedoor.jp/curryspice/archives/52272987.html

 ゴトゥコラを通じてスリランカの食文化を正しく伝えたいという、ゴトゥコラ部の一つの
ミッションに大きい力になったと思います。
 これからもゴトゥコラ部としても、香取先生の活動を支えていきたいと思っています。

 今年ゴトゥコラ部に入会できなかった皆さん、本当に申し訳ないです。皆さんに個人的に
お知らせしますので、よかったらぜひ、来年ゴトゥコラ部メンバーになってください。

 ゴトゥコラを通じて、スリランカのこと、海士のことを知ってもらうこと、スリランカの食文化を正しく伝えることをミッションに、そして関わるスリランカにの方も日本の方にも有意なネットワークを作る事がビジョンにこれからもゴトゥコラ部としてがんばっていきたいと思っています。
 
 忙しく一週間ぐらいゴトゥコラを食べられないときもあります。冬の間もあまり食べれません。
そして久しぶりにゴトゥコラを食べるとき、本当にありがたみを感じ、幸せの気持ちになります。
 そんなときの写真です。




            

スポンサーサイト

                         
  • 2014.04.19 Saturday
  • -
  • 11:05
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海士町のホームページ


離島キッチン

AMANA

AMANA

amana

amana

selected entries

categories

archives

recent comment

PR